取得前に知っておきたい運転免許の種類

車の運転免許の概要

車の運転免許にはさまざまな種類があります。免許取得の前に、どの免許でどの車を運転できるのか、知っておく必要があります。まず、種類を紹介する前に、区分という概念を把握しておきましょう。具体的には、第一種運転免許・第二種運転免許・仮運転免許の3区分です。日常生活で使用するのは第一種運転免許です。第二種運転免許は、人を乗せて車を運転する職業に必要な免許です。バスやタクシーの運転手などが該当します。仮運転免許は、第一種や第二種を取得する前に、教習のために公道で車を運転する場合に必要な免許です。

第一種運転免許の種類と概要

"免許の取得を考えた時に最も一般的といえるのが、第一種運転免許です。第一種運転免許には10種類程度の免許があります。その中から、まずは普通自動車免許について解説していきます。普通というだけに、最も取得者の多い免許で、普通自動車や軽自動車を運転することができます。一般的に運転免許といえばこれを指すことが多いです。マニュアルやオートマという言葉を聞いたことのある方もいると思いますが、オートマつまりオートマチック車限定(AT限定)で取得することもできます。現在では、車好きの人でなければオートマチック車限定で充分という人も多いようです。ただしこの場合、履歴書などに記載する際は、AT限定であることを明記する必要があります。 車両総重量や最大積載量、乗車定員が一定以上の車両で必要になるのが、大型自動車免許です。トラックやバスなどを運転する時に取得します。具体的には、車両総重量が11,000kg以上、最大積載量が6,500kg以上、または乗車定員30人以上である四輪以上の自動車を大型自動車といいます。普通自動車と大型自動車の中間の車両用に、中型免許という種類もあります。なお、大型自動車免許を取得することで、中型や普通自動車も運転することができるようになります。これを上位免許といいます。 次にバイクの免許についてです。普通自動二輪免許は、排気量が50ccから400ccまでのものを運転できます。それより大きい排気量の自動二輪を運転する場合は、大型二輪免許が必要になります。 最後に、特殊車両の免許について解説します。大型特殊と小型特殊があります。大型特殊免許は、クレーン車やフォークリフトなどを公道で運転するための免許です。小型特殊免許では、農業用のトラクターや運搬車を運転できます。"

自分に合った免許を選ぼう

車に乗る理由は人それぞれです。車に乗りたいから、生活に不可欠だから、仕事に必要だからなど、状況によって乗る車は違ってきます。自分に合った車を選ぶために、免許について知るところから始めてみてください。



Copyright(c) 2016 女性のための合宿免許 All Rights Reserved.